ブリーダーナビ はじめてガイド

はじめてガイド

子犬を迎えた後の健康面にも要注意! "子犬購入後のペット保険への加入" を推奨いたします。

子犬を迎えても、あくまで子犬は子犬です。
きちんと育て、共に暮らしていくためには、責任を持った姿勢で子犬と接する必要があります。
ブリーダーナビでは、子犬購入後のペット保険への加入を推奨しております。

購入後60日間の医療保険

当サイトに掲載されている子犬のブリーディングを行っているブリーダーの中には、ペット保険会社との契約を行っているブリーダーの登録があります。
その契約ブリーダーから子犬を購入した場合、飼い主様のご負担はなしで、60日間の医療保険がついてきます。

子犬はまだ免疫力もそれほど高くないため、ブリーダーの犬舎見学の時には元気にしていた子犬でも、環境の変化などによってストレスがかかり、体調を崩してしまうことも少なくありません。入院が必要な病気にかかってしまった場合等には、完治までに10万円を超える治療費がかかってしまう事もあります。この保険はリスクにも対応できるよう購入日より30日間は補償の対象となる病気やケガに対して100%の補償となっております。31日目以降は50%の補償となります。

[医療保険契約済みの子犬の場合]

(注)補償の限度額・限度日(回)数や補償の対象外となる項目もございます。詳細は、購入時に配布される約款等をご確認ください。

病気だけでなく、誤飲や事故等にも要注意!"継続的なペット保険への加入" を推奨いたします。

ペット保険とは、ペットが病気やケガをしてしまい、動物病院で治療を受けた際などに治療費を補償してくれる保険です。
欧米では一般的なペット保険。日本ではここ数年急速に普及し始めていますが、日本で初めてペット保険会社(法的な根拠の下)が誕生したのが平成20年という事もあり、多くのペットは何の保障もないまま生活しているのが現状です。
ワンちゃんは生き物ですので、大きくなってからも人と同じように病気にかかってしまう事もあります。また、誤飲や不慮の事故等によって傷ついてしまう事もあります。
そういった健康面に対する不安や、飼い主様の経済面に対する不安を少しでも軽減して、ワンちゃんとの健やかな生活を送っていくためにも、動物病院での治療費を補償してくれるペット保険で備えておくことをおすすめします。

ペット保険が必要な理由

ペットには公的な保険制度がありません。
私たち人間の場合、病気や怪我になったときでも健康保険制度のおかげで、いつでもどこでも最適な医療が受けることができます。今こうして健康に安心して暮らしていける大きな理由の一つですよね。ところが、ペットの場合、健康保険制度のような公的な保険制度がないため、動物病院での治療には想像以上にお金がかかってしまいます。「病気や怪我をしたときには出来る限りすぐに動物病院で治療を受けさせてあげたい。」飼い主としてはそう願ってはいるのですが、現実には治療にかかるお金のことが心配になってしまって動物病院に行くことをためらってしまうこともあります。

人間 ペット
治療の基準 国が決定
(保険診療)
病院ごとに決定
(自由診療)
公的な保険 社保・国保 等 なし
保険加入率 ほぼ100% 数%程度

ペットにも人間と同じように、「いつでもどこでも最適な医療を受けることが出来る」環境を作ってあげることが大事です。そこで人間の保険制度と同じような機能をもったペット保険が必要になってくるのです。

ペット保険への加入方法

購入するブリーダーが契約ブリーダーの場合
各ブリーダーで購入時のお手続きになります。
子犬購入時に各ブリーダー説明がございますので、内容をご確認の上ご加入手続きをお済ませください。
※61日目以降の医療保険料は自己負担になります。詳しくはこちら
購入するブリーダーが契約ブリーダーでない場合
契約ブリーダーで購入されない場合は、医療保険は各自でのご加入(ご負担)になります。購入後1週間程度で当サイトより保険の案内が参りますので希望される方は、ご加入ください。

医療保険の請求方法

各ブリーダーで医療保険に加入時に配布される書類の中に請求方法の詳細を記したものがございます。その書類をご確認ください。

ペットの医療費の相場観

健康な成人以上の医療費負担がかかってきます。
動物病院での治療は自由診療だからといっても、からだの小さい犬や猫のことだから人間ほど医療費はかからない。と思っていませんか?例えば、健康な成人(20代~40代)の1年間の医療費は約2万~4万円ほどですが、犬にかかる1年間の医療費は約3万円~6万円となっています。

コラム

「まさか犬の治療に、あんなにお金がかかるとは思ってもいませんでしたよ」──そう振り返るのは神奈川県在住のAさん(58)だ。
昨年、飼っていた10歳のマルチーズ(オス)の食欲が急に衰え、元気がなくなってきた。近所の獣医に診てもらったところ、原因不明と診断されたが、大学病院付属の動物病院で精密検査を受けたところ、末期の大腸がんであることが判明、「余命半年」と宣告された。
「生まれて間もない頃から飼っていて家族同然の存在だったので、できる限りのことはしてあげたいと、大学病院に3週間入院させ、がんの摘出手術を受けさせました。
その時の費用が精密検査、手術、入院費などで35万円。でも、すぐに再発してしまい、その後も入退院を繰り返すことに。その度に10万円以上の医療費がかかったので、トータルで60万円ほどは使いましたね」(Aさん)
何もここで紹介したAさんのケースが特異な訳ではない。
日本獣医師会の調査によると、小型犬の場合、1日の入院費の平均は2706円、骨折手術の平均は3万9290円で、長期入院すれば治療費の合計が数十万円に達することもある。
また犬、猫ともに手術に至ることが多い歯周病の治療には、軽度の場合が2万円台、重度の場合は10万円以上かかる。
「人間と違って動物の場合は健康保険制度がなく、全て自由診療になるため病院によって治療費がまちまちですが、おおむね想像以上に高額です。
また、最近では医療の高度化によって治療費が高くなるとともに、医療の進歩によって寿命が延びた分、病気になるケースが増え、治療費が多くかかる傾向があります。生涯で犬は100万円、猫は60万円の医療費がかかるといわれます」(ペット保険に詳しいファイナンシャルプランナーの平野敦之氏)

引用:マイナビニュース 「ペットの医療費 生涯で犬100万円、猫60万円かかるとの試算」

    株式会社アニマライフ ブリーダーナビ事務局

  • 03-6671-9287

    受付時間:平日10:00~16:00

    (年末年始・夏季休暇除く)

  • dog-breeder@animalife.jp

    ※メールでのお問い合わせの際は、確実に受信できるようにするため、パソコンのメールアドレスからの問い合わせを推奨しております。